縦置き直列エンジン編

レシプロエンジンの中でピストンが一直線に並んでいるものを直列エンジンといいます。気筒数によって直列4気筒、や直列6気筒などと呼んでいます。
気筒数が増えるとエンジンの形状が長くなりエンジンルームのスペースが犠牲になることから今ではほとんどが3気筒から4気筒が中心で6気筒が上限となっています。
その直列エンジンをエンジンルーム内に縦にレイアウトしたものを縦置き直列エンジンといいます。こうすることによって左右のバランスがとれたレイアウトが可能となりドライブシャフトの長さも左右同じになり、前後の重量バランスもよくなります。
3気筒以下の場合、非常にコンパクトにできることやカムシャフト、クランクシャフトを全部のシリンダーで共有するため、駆動機構が一つで済み軽量化が図れることやバランスの良さからステアリング操作がしやすいなどの利点があります。
短所としては、エンジンが縦方向にサイズが長くなるために、エンジンルームにスペースを要するためにホイルベースが長くなり小回りが利かなくなり最小回転半径が大きくなります。クランクシャフトを長くする必要があるためシャフト本体の強度不足となり、ねじれが生じやすくなるなどの問題点も含んでいます。

コメントは受け付けていません。