インタークーラーの役割って?

ガソリンで走る車にはガソリンを燃料とするエンジンが積まれていますが、このガソリンエンジンの吸気方法には大きく分けて2つの種類があります。

取り込んだ空気をそのままエンジンの中に導く自然吸気と、取り込んだ空気を圧縮してからエンジンに導く過給です。過給においては何かの力を用いて空気を圧縮する必要があります。

ほとんどの場合はタービンと呼ばれる機器を用いて過給します。排気ガスの力でタービンを回すのがターボ、エンジンによって駆動されたシャフトの力を使ってタービンを回すのがスーパーチャージャーと呼ばれています。

どちらの場合もタービンで過給された空気は圧縮されてしまうため、温度が高くなってしまいます。エンジンにおいては吸入する空気の温度が高くなると得られるパワーが下がってしまいますので、この過給された空気の温度を下げる役割を持つ機器がインタークーラーと呼ばれる機器です。走行中の外気を機器に当てることで温度を下げ、中を通っている過給された空気の温度を下げる仕組みです。

ターボ、スーパーチャージャーを搭載した車においては、パワーを得るために過給機を搭載していますので、空気の温度が下がってパワーが得られないと本末転倒ですから、必須の機器と考えることが出来るでしょう。もちろん温度を下げる能力が高いほうが優れていますので、よりパワーを得たい場合は大型のものに換装することがセオリーです。

コメントは受け付けていません。