ハイブリットエンジン編

ハイブリットエンジンという言葉自体は、皆さんも聞いたことがあるでしょう。
CMやチラシ等で、「低燃費」と紹介されています。
そこで、実際に車を購入する時や車検にあたって、知っておきたいという人に向けて書きます。

エンジンは他編で紹介したように、車の動力のリソースとなるものです。EVカー(燃料電池自動車)ではモーターに置き換わっています。ハイブリットとは、その両方を併用するエンジンのことです。これによって、効率的にエネルギー(ガソリンと電力)をつかうことができます。停車状態の車を発進させるときや低速走行中はモーターを使って走り、急加速や高速走行ではガソリンエンジンを使うことで結果として、ガソリンの消費を抑えたり二酸化炭素の排出を抑えることができます。

しかし、それでは渋滞につかまったときの低速走行等でバッテリーが切れてモーターが動かなくなるのではないか、という疑問も持たれるかも知れません。結論から言うと、ありません。ハイブリットカーの中には、回生充電と言いうものがあります。これは、車は減速するときに運動エネルギーを熱エネルギーに変換し速度を落としますが、回生充電では減速するときに運動エネルギーを電気エネルギーに一部変換し、その電気エネルギーをバッテリーに充電して、本来捨てていたエネルギーの一部を再利用するのです。たとえ、仮に渋滞に巻き込まれてバッテリーが切れ掛かっていたとしてもガソリンエンジンをメインに走るので通常の車と大差ないといえるでしょう。

このように、ハイブリットカーはガソリンを使うガソリンエンジンとバッテリーに蓄えられた電気を使うモーターの両方を併用して効率良く、走る車です。

コメントは受け付けていません。