車とエンジンの種類特集

自動車は、エンジンで駆動力を発生させ、その駆動力を、トランスミッション、ドライブシャフト、ディファレンシャルギヤなどを介して、駆動輪に伝達することで、駆動輪を回転駆動して走行する構成です。

現在使用されているエンジンの種類は、そのほとんどが、レシプロ型と呼ばれるものです。
レシプロ型の仕組みは次の通りです。

シリンダ内には、円筒形状のピストンが収容されており、このピストンは、シリンダ内を上下に移動できるようになっています。
ピストンの下部には、コネクティングロッドを介して、クランクシャフトが連結されています。

シリンダの上部には、吸気ポート、排気ポート、点火プラグ(ガソリン式の場合)などが設けられています。
ピストンが下がる際に、ピストンの上側の空間には、吸気ポートから、ガソリンと空気の混合気が吸入されます。
次に、ピストンが上がるときに、シリンダに吸入された混合気は、シリンダの上部で圧縮されます。その状態で、点火プラグにより混合気に点火されます。
すると、混合気が燃焼爆発して急激に膨張し、ピストンを押し下げます。このとき、このピストンの下への動きは、クランクシャフトによって回転運動に変換され、クランクシャフトからトランスミッション、ドライブシャフトへ回転が伝達されます。

また、ピストンが再び上昇するときに、シリンダの上部に残っている排気ガスが圧縮されて、排気ポートから排出されます。